JFRは農場廃液の問題を解決することで 地球環境の改善を実現します。

人口増加と経済活動の弊害により様々な環境問題が併発し、地球環境は悪化の一途を辿っています。

中でも赤潮アオコによる海洋・湖水汚染は、環境問題の中でも大きな問題です。

 

赤潮アオコは河川に流れ込んだ窒素リンによるものであり、

農場廃液がその原因の一つとなっています。

 

JFRは農場廃液処理にフォーカスすることで地球環境の改善を実現します。

 

既存の曝気・活性汚泥による廃液処理方法の問題

 

 処理施設の大型化

 高度な管理技術と手間が必要

 ランニングコストの高騰

 

低コストで高効率な廃液処理装置が望まれているのが現状です。

 

 

 

 

JFRはその要望に応えるために自社ラボにおいて研究開発を実施。

環境関連技術の特許化・ノウハウ化を実施し、世界24カ国と技術ライセンスを締結。

 

国内2大学(環境微生物)と技術協力。

 

 


JFR

発泡ガラス(Porous glass

 

をご紹介

 

 

 

発泡ガラスによる処理のメリット

 

 

 処理施設、処理層の小型化

 理施設の小型化により管理コスト低下

 バイオリアクターのためコスト環境負荷の低減

 

低コストで高効率な廃液処理装置により環境改善の実現

 

 

原料は廃ガラスをリサイクル。

各種成分を吸着した発泡ガラスを堆肥などへ転用。