こどもの為のビフィズス生菌100億個配合。

Kids! flora(キッズフローラ)

 

 

 

  • Kids! floraとは

  

 

子どものために、「キッズフローラ」。

赤ちゃんの離乳食期間(約6ヶ月)後、腸内の細菌叢バランスは変化をし始めます。

おなかを健康に!

 

この製品の特徴:

赤ちゃんの腸に多く見られるビフィズス菌「Bifidobacterium. breve」が、100億個以上含まれています。腸内の細菌叢バランスが変化し始める離乳食期間(約6ヶ月)後からは、ビフィズス菌が大切です。

 

 


Q. ビフィズス菌とは何ですか?

A. 赤ちゃんの腸に豊富に存在している、いわゆる善玉菌です。赤ちゃんや子供の健康維持に重要な役割を果たしているのがビフィズス菌なのです。

 

Q. 離乳食期間後にビフィズス菌が必要なのはなぜですか?

A. 離乳食期間が始まると、腸内でさまざまな細菌が増えていきます。そして、離乳食期間が終わるころには、ビフィズス菌の数は半減しています。腸内の細菌叢のバランスが崩れると、さまざまな健康への影響があります。いつもの食事に加えて、ビフィズス菌を摂取することをおすすめします。

 

Q. ビフィズス菌の他にも、何かイイものが配合されているの?

A. 配合されています!

乳酸菌「Lactobacillus. acidophilus」は、人間の腸に豊富に存在する乳酸菌の一種です。ビフィズス菌と同じ善玉菌で、腸内の細菌叢バランスを維持する役割を果たしています。

ミルクオリゴ糖「ラクチュロース」は、オリゴ糖の一種です。私たちの腸にいるビフィズス菌の栄養源として働きます。

 

Q. 子どもが便秘がちで、排便のときも便が硬くて少し痛そうにしています。離乳食は3回食をよく食べて、牛乳も飲みますし、繊維の多い野菜を多めに摂ったりヨーグルトを食べたりしていますが、あまり変化がありません。「キッズフローラ」という商品があると聞きましたが、どのようなものでしょう?

A.「キッズフローラ」は、離乳食が始まる頃からの乳幼児の腸内環境を整えることを目的とした栄養補助食品です。赤ちゃんのおなかに多いといわれるビフィズス菌を1包当たり100億個配合しています。また、溶けやすい顆粒タイプで、湯冷ましや飲み頃の温度のミルクに混ぜてもお使いいただけます。

 

Q. どのくらいの量を赤ちゃんに与えればいいの?

11包を目安にご使用ください。

 

○すぐに溶ける!

牛乳、麦茶、ヨーグルトなどに溶かしてお使いいただけます。

○そのままでもお召し上がりいただけます

○個別包装ですので、外出時に楽々持ち出せます。

○安心のメイドインジャパン

 

「子どもが喜んで食べてくれます」

「長く使っていきたいです!」

 

原材料名:乳糖、コーンスターチ、ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)、ビフィズス菌末(澱粉、ビフィズス菌乾燥原末)、乳酸菌末(澱粉、乳酸菌乾燥原末)/ビタミンC、ビタミンD

 

原材料に含まれるアレルゲン(27品目中):乳成分

食物アレルギーがある場合は、原材料名をご確認ください。